スクエアエニックスいいよね

中学校になったときからずっとゲームをしてきて、30半ばになった今もそれが続いている。

さすがに昔ほどゲームをやる時間がないが、ゲームをしていると時間が経つのが早くあっという間に1日が終わるのは今も昔も変わらない。

最近新しいゲームを買ってプレイしていて思うが、やはり昔ほど面白いものがなくなったなと感じる。

中2病にかかっていた(というか本当に中2だったが)というのもあるかもしれないし、思い出補正もあるかもしれないが、自分が中学・高校の時に出たゲームは今懐かしくなってプレイしても本当におもしろい。

おもしろかったゲームの代表作にファイナルファンタジー6.7やドラゴンクエスト5.6.7、ゼノギアス、ロマンシングサガ、聖剣伝説などなど、スクエアエニックスの作品ばかりだが、どれもおもしろかった。

現在でもペルソナ5とかゼノブレイドは面白いなと思ったが、本当におもしろいと思う作品の数は限られてきた。

自分に子供がいるが、ゲームをしてはいけない、という教育をするつもりはない。

なぜなら、私自身ゲームをプレイすることで、言葉の意味を知ったり、漢字を覚えたことがあるから。

安易にゲームをすることが悪いという風評は辞めて欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です